この間、深夜にふと目が覚めた時やっていたドラマの予告。
それは、警官の血というテレビ朝日開局50周年記念ドラマで、
私が見たのは1夜目のダイジェストでした。

最初は何気なく見てたんだけど、普段ドラマを見ない私にとってはとても衝撃的な内容で、「明日も見たい!」と思い、翌日はオンタイムで見ることが出来ました。

その内容とは。
戦後、江口洋介扮する警官がある事件がきっかけで同僚(椎名桔平)に殺害されるが、自殺と判断される。
そして成人になったその息子(吉岡秀隆)が、父親と同じ警官になる。
警官の血筋を買われ、大学生になりながらも学生運動の潜入捜査を任され、精神的に追い込まれて病んでしまう。
この息子もある事件がきっかけで命を落としてしまい、またその息子(伊藤英明)も警官の道を選び、
祖父と父親が亡くなった真相を暴こうと、あらゆる手段を使いその道で生き抜いていく。

戦後60年間の中で親子3代に渡る警官の姿を描いたドラマだけど、
豪華なキャストとミステリアスな内容。

その中でも、男娼というのが登場する。
売春婦というのは聞いたことあるけど、男娼というのは初耳。
男娼という存在にも驚きだったけど、この男娼の役を演じていた役者さんがとって妖艶な感じで、男娼と呼ばれる人がどういう人なのかっていうのもよーくわかった。
このドラマのキーになるのが男娼だったから、少し調べてみたけど...
戦後、上野の西郷さんの銅像あたりに女装をした男性が多くいたっていうし、
男娼は古代ローマ時代から存在していたようだし、インドでは奴隷身分の者が男娼に従事させられたっていうんだから、その歴史は古い。
今じゃゲイとかボーイとか言うけど、女装をするっていうのが今とは違うところじゃないかな。


そしてこのドラマの中で、時代背景も見ることが出来た。
時代の流れによって変わる服装や街の様子。
男娼もまさに時代の流れなんだろうね。
現代に近づくにつれて、警官という役職もダークに描かれているし、俳優さんもピッタリハマってる様に感じた。

1話はダイジェストでしか見れなかったけど、再放送があるなら最初から見てみたい!
久しぶりに興味をそそられたドラマでした。
[PR]

by goodtime35 | 2009-02-14 20:22 | Music&Movie

昨日は、渡米後45日ぶりのお休みでした♪
この休みには映画を観に行こうと決めてたので、『ホリデイ』を観に行きました。

e0030810_1515270.jpgジュード・ロウ、キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラックの4人が繰り広げるラブストーリー。2人の女性がホームエクスチェンジをして休暇を過ごすんだけど、このホームエクスチェンジって、海外では結構流行っているんだってねー。知らなかった分、ワクワクさせてくれました♡

この映画、「所詮、映画の世界だわ」って思わせるようなシュチエーションの中、何故か共感できる部分が多い。
ロンドン郊外でグレアム(ジュード・ロウ)と出逢ったアマンダ(キャメロン・ディアス)の行動...私にはめっちゃ共感できた。
だって、恋愛なんて交通事故のようなもので、したくてするわけでもないし、願っていないのに出くわしてしまうでしょ?
自分をアマンダに置き換えるわけじゃないけど、私と今の彼との出会いもこの映画のよう。

アマンダは、たまたまホームエクスチェンジした先に男性が現れた...。
私は、たまたま渡航先のジムにバケーションで来てた彼が現れた...。
アマンダは、一晩限りが...そーじゃなくなって...
私は、一緒に飲みに行くだけだったが...ファミリーも一緒で...そんでもって、そーじゃなくなって...
アマンダも私も、お互いの気持ちはあるけど、遠距離で...って、思いっきり似てない?(笑)
1つだけ似てないのは...私はキャメロン・ディアスに似てたとしても、彼はジュード・ロウじゃないってこと。
どっちかっていうと、
ジャック・ブラックの方が似てるよ!(爆)

アリアス(ケイト・ウィンスレット)の
‘1つの恋愛にけりをつけたいと思っていても、その本人から頼られると断れない性格’っていうのも共感できたねー。
私もどちらかというと、この手のタイプだったりもするので。(汗)
等身大まではいかなくとも、それに近い映画だと思う。

映画の中盤で、グレアムはバツイチの子持ちだって事をアマンダは知ってしまうんだけど、その子ども達がめっちゃ可愛くてね~。
私の大好きな白畑センセの白畑3姉妹を思い出しちゃった。
大人びた言葉使いや、1人の女性として発言をするシーンなんかそっくりなんだもん!
だからかもしれないけど、2人の子どもがアマンダを前にして「家に女の人が来たの、初めてだよね」って言うシーンが印象的でした。

アマンダが空港に向かう車内で、寂しさのあまり涙を流し、その涙の意味を知り、グレアムの元へ戻った時...
グレアムの号泣シーンを見て私も号泣!
男性が1人の女性のために流す涙ってすごく意味があるんだなぁ~と思ったし、こんな男性を好きになりたいと思った。
好きだけど離れてしまう...感情のまま涙を流す...すごく素敵じゃん!
自慢ではないけど、私も遠距離恋愛中。
帰国の日は私が涙を流すけど...彼は流したことがあるんだろうか?
きっとないだろうね。(泣)

そしてこの映画の配役も、共感できる1つなんじゃないかって思った。
ジュード・ロウ&キャメロン・ディアスは誰もが納得できる美男美女カップルだけど、ケイト・ウィンスレット&ジャック・ブラックは美女と野獣って感じ。これ、4人とも美男美女なら「有り得ない!」って思うだろうけど、ケイト・ウィンスレットの相手がジャック・ブラックだからジュード・ロウが際立つし、現実に近い感じがするんだろうね。

とにかく、期待以上にいい映画でした!
ホームエクスチェンジをしたいとは思わないけど、知らない土地で人と出会う事って、すごく価値のある事だなぁ~と感じたし、その先で生まれる恋愛も人生を変える程素敵だなぁ~♡と思ったね。
ストーリーも最高だけど、
私はジュード・ロウの魅力にメロメロです!(笑)
[PR]

by goodtime35 | 2007-04-05 01:29 | Music&Movie

映画の予告で観たい映画、観たくない映画って決めてしまってるんだけど....。
この映画は予告を観てどーしても観たかった映画の1つでした。

アメリカ好きの私にとって、『アメリカで起きた実話』って聞いただけで観たくなるし、更に主演がウィル・スミス父子と聞いたら、当然興味は倍になる。
実話に基づいた感動作...号泣してしまうんだろうな。その期待は大きかった。

e0030810_4431224.jpgサンフランシスコで医療機器のセールスマンをしていたクリス(ウィル・スミス)が不景気で収入が減り、税金や家賃が払えない生活を強いられた。家を追い出され、妻も出て行ってしまい、最愛の息子クリストファー(ジェイディン・クリストファー・サイア・スミス)と2人暮らしの生活。全財産はたったの21ドル。そのどん底から脱出するために、一流証券会社へ入社することを誓い、6ヶ月無給のインターンを経て正式採用されるまでの実話だ。

舞台は私の大好きなサンフランシスコ。何度も登場するヒッピーもサンフランシスコならではだけど、坂から見下ろす風景と、ゴールデンゲートブリッジが現れただけでなんだか満足してしまった。(笑)
だけど、その満足とは反対に、期待してた‘感動’がどこかイマイチだったように思うな。
実話って聞いただけで結末がわかってたんだけど、いいシーンが予告やCMでバンバンPRされてて「あのシーン以上に感動する場面はないの?」って思っちゃったんだよねー。だもん、泣けるわけもなく...感動ストーリーなのに感動できない自分自身がちょっと悔しかったですね。
「全米中が涙した」とあった謳い文句。
自称?アメリカ人だと思っている以上、涙できなかったことは...私的に寂しかったな。

だけど!
こんな人生を送った人が実際にいて、そして成功を収めたってことは素晴らしいと思うし、生きる勇気を与えてくれる映画だと思います。
個人的には、成功を収めた後ももっと取り上げて欲しかったな...。



今回もリーフレットをたくさん貰ってきました♪
『ドリームガールズ』『守護神』『ブラック・ダイアモンド』『ナイトミュージアム』『バベル』『スパイダーマン3』『パフューム』etc...。

e0030810_442325.jpgその中でも最も目を引いたのが3月公開の『ホリデイ』でした。
キャスティングはキャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラックと私の好きな俳優陣だし、ロンドンに住む女性とロスに住む女性がホーム・エクスチェンジをして運命に出会うというストーリー。
恋愛適齢期を手がけた監督が作っただけあって、予告だけでもすごくドキドキしちゃったよ♪
3月24日の公開まで待ち遠しいなーーー。
[PR]

by goodtime35 | 2007-01-30 04:36 | Music&Movie

この映画を観たのは、去年のことなんだけど…。

e0030810_1221144.jpgメリルストリープとアンハサウェイ主演の『プラダを着た悪魔』を観てきました。
この映画、おすぎが大絶賛してたし、映画の予告やCMで見せるメリルストリープの存在に惹かれ、これは絶対に観に行きたい!と思ってたんだー。


舞台はNY。アンハサウェイ演じるアンディが、ランウェイというファッション誌の出版社に入社し、ミランダのアシスタントをしながら恋に仕事に励む様を描いたコメディ映画。
恋愛が前面的に出てないので、仕事を頑張る女性にとってはとっても勇気付けられる映画だし、それ以上にアンディが変わる様子がすごく魅力的なの!ダサイ洋服を着まわしていたのに、ミランダに認められるようにとお洒落になっていく...靴もバッグも洋服もアクセサリーも全身ブランドで揃えて、仕事一筋で恋人との時間も持てなくなる。充実しているようだけど、どこかやり切れない感じ。
う~ん、わかる!わかる!(笑)

e0030810_1222238.jpgこの映画で私が注目したのは、ミランダの存在。嫌な上司だけど、どこか魅力的で、何気ない一言で惹きこまれて行く...そんな彼女から目が離せなかったね。
「上司になるなら、あんな上司になりたい!」って思っちゃったもん!(笑)
嫌な上司役を見事に演じたメリルストリープ。あの髪型も、ファッションも全て似合ってたし、有無を言わせないあの態度、最高だね。彼女以外に適役な女優さんって...誰だろ?若い女優さんには絶対に出来ないし、妙に色っぽかったり、キレイ過ぎてもダメだと思うし。そう考えたらキュートなアンハサウェイといい味出してるメリルストリープ、最高のキャスティングじゃん♪

アンハサウェイはね、すごく可愛かった♪顔が小さくて、手足が長くて、胸が大きくて、唇が分厚いし。エロさなんか全くない純粋な女性って感じだよね。
パンツ姿よりもスカートの方が断然似合ってた!

NYの街と、ファッション誌っていうのもすごくマッチしてた。これ、LAじゃいまいちファッションの良さが出なかったと思うし。あの冷たいビルの中で際立つファッションだからこそ、いいんだろうね。
ホント、キャリアウーマンって感じありありだったし、「きっとNYにはあんな女性がいっぱいいるんだろうなぁ~」っていう想像も膨らんだ。実際はすごく泥臭い街なのかもしれないけど、‘NYは夢のある街’って感じの映画になったんじゃないかな?

この仕事を始める前はプラダだの、フェンディだの、グッチだの、結構高級ブランド大好きだったんだけど(笑)、今ではナイキやコロンビアなどのスポーツブランドに身を包んでるんだから...人生どうなるかわからないよね?
プラダのバッグもカビだらけ、グッチのサンダルもベランダ用になってるし。(笑)

鹿嶋に引っ越してきてビックリしてることがあるの。それは、スウェット上下にヴィトンのショルダーバッグを持ってる女性が多いこと!っていうか、ここに住んでる人達はヴィトンしか知らないの?っていうくらい、ヴィトン持ってるんだよねー。別にヴィトンを持つことが悪いと言ってるワケじゃないんだけど、やたらヴィトン持ってる人に遭遇するし、そのファッションたるや...最悪だし!
バッグにお金をかけるなら、そのスゥットも1着5万くらいのにして欲しいね。おもいっきりヨレヨレブカブカだし、毛玉ついてるし、サンダルはキティちゃんだし!!
だいたい、スゥット上下で街を歩く事自体、許せないんですけど!!
[PR]

by goodtime35 | 2007-01-16 23:55 | Music&Movie

最近映画を観てないなぁ~。
だけど、朝から晩までスタジアムに入り浸っているんだもん、休みの日ぐらいのんびり家にも居たいとも思う。

で、やっぱ映画が観たい!と思って映画館へ...。
邦画やアニメ映画ばかりやってる中、唯一観たいと思ったのがこれ。
『ラッキーナンバー7』でした。
ルーシー・リューが出演してるっていうのも惹かれた1つなんだけど、この映画、なんてたってキャスティングが凄い!ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ベン・キングズレーとめっちゃ豪華!
この機会を逃すな!ってな勢いで、観てきました。

e0030810_11505336.jpgニューヨークにやって来た青年スレヴン(ジョシュ・ハートネット)は友人に間違えられ、大物ギャングのボス(モーガン・フリーマン)に拉致されてしまう。ボスは借金返済の代わりに敵対するギャング、ラビ(ベン・キングズレー)の息子殺害を命令。しぶしぶ了解したスレヴンは、その後まもなく今度はラビに誘拐されるってストーリー。
これ以上書くと...ネタバレになってしまうので。(笑)

最初ね、この映画のストーリーが全然わからなくって、なんで?どーして?って感じだったの。
どんどん人は殺されていくし、ブルースウィルスの役どころもイマイチ掴めなかった。主人公はなんでこうもアンラッキーなんだ...ただそう思うしかなかった。だけど、事件が2転3転し謎が解けた時は気持ちよかったね。
私個人的には、すごく面白い映画だと思ったよ。

それに、リンジー役のルーシー・リューのかわいいこと!すごーーくお喋りなところがかわいくって、ますます好きになってしまった。ルーシー・リューは『アリーmyラブ』の頃から大好きで、黒髪のロングヘアーがすごくセクシー。私もそれを真似てロングヘアーにしてるんだけど...似ても似つかないね。(笑)
ルーシーは大好きなハリウッド女優の1人です♪

この映画ね、最後にブルース・ウィルスが現れて、主人公にお父さんの形見の時計を渡すシーンがあるんだけど...そのシーンを見て思い出した事が1つ。

私の父親は今から9年前に交通事故で亡くなったんだけど、当初は既に両親は離婚していたし、私は寮生活をしてたので離婚後父親がどこに暮らしているのかも知らなかった状態で...事故後、遺留品の中から手帳が見つかり、その手帳に私の誕生日が記されててすごく嬉しかったこと。

なぜかそのことを思い出した映画でした。
[PR]

by goodtime35 | 2007-01-15 23:48 | Music&Movie

せっかくの休みなのに、今日は生憎の雨。(泣)
引越しの準備もしなきゃいけないのに、お昼からお出掛けしました。

車のオーディオの調子が良くない、良くないって思いながら、騙し騙し使ってきたけど、もう限界!今日は上田コーチが以前勤めてた車屋さんに行って、カーオーディオと車のライト交換することにしました。

カーオーディオなんて、CDが聴ければ何でもいいの!
私の車への知識はその程度。(笑)デザインとか、オプションとか、そんなものどーでもいいのよ。だから、CD聴けてそれなりの値段であれば、問題なし!ってことで、つけてもらいました。
早速、CD聴いたら...前のより、いいんじゃん♪
音量やモードも変えれるみたいだし、これで毎日の通勤も苦じゃなくなるかも。昨日までは、CDが聴けるようになるまで20分くらいかかってたし、酷い時には職場に着くまで聴けなかったりするんだもん!(泣)
明日の通勤は何を聴こうか...今から楽しみだね♪

カーオーディオの取り付けが終わった頃が4時近く。
お昼を食べないで車屋さんに行ったから、餃子の‘王将’に遅いお昼を食べに行ったんだけど...座った隣の席のカップル、すごくウザイの!!!
席が仕切られてるから、相手のことは全然見えない。だけど、声は丸聞こえ!何がウザイって、彼女の声がウザイ!!!(怒)
「お前、どっから声出してんだよーーーー!」と言いたくなるような、おかしな声に、茨城弁丸出しの喋り方。
「頼むから、早く食べ終わって消えてくれーーーー!」って心の中で叫び続けても、そのカップルは変える気配なし。っていうか、その彼女の喋り方に、彼氏は満足してるの?って、聞きたかったよ...。

e0030810_0344060.jpgそして、休日の締めは映画。
‘ユナイテッド93’に続く9.11事件の映画『ワールド・トレード・センター』を観に行ってきました。
メンバーさんから「大きなハンカチを用意して行った方がいいですよ!」と言われていたので、それなりの覚悟をして観てたんだけど...思ってた以上に泣くことはなかったかな。
私は...ユナイテッド93を観終えた時と同じで、感動したというより、この映画が実話だってことにすごく衝撃を受けて、いいとか悪いとか言葉には出来ない映画だった。2つの映画に共通して言える「この現実を忘れてはいけない」っていうメッセージだからだと思う。
生き埋めになった2名の警官は必ず助かると結末がわかっていても、家族の気持ちや救出までの経緯を徐々に知るに連れて、「これが本当にあった事なんだ...」と自分に言い聞かせる方のに精一杯で、感動には繋がらなかったのかも。

e0030810_0342418.jpgニコラス・ケイジが主役のこの映画。
映画が始まってすぐに貿易センタービルに旅客機が追突し、ジョン(ニコラス・ケイジ)を含め5名の警察官がビルへ救出に向かい、あっという間に瓦礫の下敷きになってしまう。瓦礫の中は真っ暗で、ニコラス・ケイジの顔がなんとなくわかるような状態。これじゃ、ニコラス・ケイジじゃなくても...って思ったけど、この役はリチャード・ギアだといい男過ぎてミスマッチだし(笑)、アルパチーノじゃ警察官っていうより刑事になっちゃうし、ジャン・レノじゃチョイ悪オヤジって感じだから、やっぱて適役なのかもね。(笑)
e0030810_035730.jpgジョンが瓦礫の下から救出され、救援隊の波に流されながらみんなに拍手で見送られるシーンがすごく印象的だったな。2つのビルが無残な姿になってる中に、救援隊の長い列に感動したのと、この跡地がグラウンド・ゼロなのか...と思ったら、すごく胸が熱くなりました。



命の大切さと、生きる喜び、そして人の力を感じた映画でした。
[PR]

by goodtime35 | 2006-10-23 23:36 | Music&Movie

昨日はCDショップを4軒も回って、念願のCDをゲットしました。

e0030810_1122776.jpg映画イルマーレのエンドロールで流れたポールマッカートニーの‘This Never Happiness Before’が収録されてる『CHAOS AND CREATION IN THE BACKYARD』というアルバム。
映画の内容とこの曲がピッタリだったこともあり、すごく欲しかったの。だけど、映画で流れた歌詞とCDに載ってる歌詞が微妙に違う...それはいいか。(笑)
ホント、すごーーーくいい曲です。
ビートルズはもちろん、ポールマッカートニーなんて滅多に聴かないので、CDを買うことにちょっと躊躇しちゃった。だって、1曲のためにだけにCDを買うなんて...しかも2500円!何軒もCDショップを回ったけど、売ってるお店が1軒しかなく、「これはここで買いなさいと神様が言ってるんだ...」そう思って思いきって買いました!
『This Never Happiness Before』はもちろん、他にもいい曲があって2500円出した甲斐があったかな。(笑)しばらくはこれを聴きながらイルマーレを思い出し、せつない気分に浸りたいと思います。

で、CDを買うときはどーーんと買ってしまう私。だけど、買うのはほとんどUSEDかINPORTね。ポールマッカートニーの他にも3枚買いました。

e0030810_1124290.jpg『ブリジット・ジョーンズの日記~きれそうな私の12ヶ月~』のサントラが980円で売ってる!これは前から欲しかったので、即ゲット!(笑)これまた映画を思い出させる曲がずらーーーーっと入ってる♪ドライブするのが楽しくなる1枚だね。


2枚目はブライアン・アダムスの『MTV Unplugged』
e0030810_113458.jpg私、女性ヴォーカリストが好きだし、聴くのはR&B系が多い。RockやHIPHOP系はガチャガチャしてて、どっちかと言うと聴かないジャンル。だけどね、きっと彼氏の影響なんだろうね。Rock系の歌でも普通に聴けるようになってるの!だからブライアン・アダムスなんて買ってみました。(爆)
これ、MYVアンプラグド・ライブで歌ったのを収めたCDなんだけど、ギター1本だけで歌ってるのがとってもステキ♪大好きな曲、『HEAVEN』を聴いたときには鳥肌もんだったし。980円で見つけた私にちょっと満足してます。(笑)

もう1枚はD-SIDEという男性グループの『STRONGER TOGETHER』っていうアルバム。780円でゲットしました♪ 
e0030810_1141980.jpgこれね、買うつもりはなかったの。だけど【ずっと探してた歌声、これ以上のヴォーカル・グループはいない。抜群のヴォーカル・センスとコーラス・ワーク。世界のプロデューサーが驚いた、その実力。】っていうレーベルを見て、これは買わなきゃ!と買った1枚です。
このグルーブはアイルランド出身の5人組で、バックストリートボーイズやウエストライフやブルーを彷彿させる感じ。「これ以上のヴォーカル・グループはいない。」っていうのはちょっと大袈裟だと思うけど(笑)、スローナンバーはすごく心地いいね。仕事帰りに聴きたい1枚って感じかな?

他に、コールドプレイの『X&Y』っていうアルバムも欲しかったんだよねー。
だけど、コールドプレイって売れてるみたいで、どこのCDショップを回っても売ってないの!ネットで買うのもいいんだけど、到着までに時間かかるでしょ?私にそんな気持ちの余裕はないのさ!(笑)
彼と一緒にドライブをしてる時に何度も聴いたコールドプレイの‘TALK’って曲が忘れられず、彼を思い出す意味で買いたいなーと思ってる1枚なんです。彼を思い出すなんて...この世にいない人を思い出すみたいな感じだけど(爆)、思い出の曲は手元に置いておきたいなーと思ってね♪



私の異動が決まり、今日、メンバーさんに公表しました。
メンバーさんだけではなく、スイミングスクールに通ってる保護者の方にも何名か挨拶をしたんだけど...みんな口を揃えて言う。
「ヒーリングとヨガは誰がやるの?」
「戻って来れないの?」
「なんでコーチが異動しなきゃダメなの?」
みんなの言葉が痛かったです。(泣)

今日は絶対に泣かない!と決めて職場に向かったのに、スイミングに通ってるハル君(小1)から「なんで居なくなっちゃうんだよー」って言われたら...泣きそうになってしまった。(泣)ハル君はメンバーさんの甥っ子っていう事もあったし、すごく素直でいい子だから私も大好きだった。私がスイミングに入水する本数が減って、最近はハル君の姿もなかなか見れない状態だったんだけど、まさかジムに来てくれるなんて...嬉しかったな。
もう1度私に教えてもらいたくって頑張ってた...って話聞いたら、辛くて何も言えなかった。そんな事とはつい知らず、こんな事になってしまったんだもん。

ハル君、いつまでも元気でプールを続けてね!
またいつか会えると思うから。
ハル君ならお兄ちゃんにすぐ追いつけるよ!頑張ってね!!
コーチも頑張るから。

パンプのレッスンが終わって、メンバーさんと話をしながらも泣いてしまいました。(泣)彼女はヒーリングを始めるまではプールオンリーだった人。ヒーリングをきっかけにパンプやアタックに参加するようになったので、ヒーリングは楽しみの1つだったと...。
やっぱダメだね、ヒーリングの事言われると。
涙腺に栓をしたいよーーーー。(泣)
[PR]

by goodtime35 | 2006-10-05 23:48 | Music&Movie

昨晩、『イルマーレ』を観て来ましたよー!
キアヌ・リーブス&サンドラ・ブロックの『スピード』コンビが主演映画。韓国映画『イルマーレ』のリメイクで、邦題はイルマーレだけど、アメリカじゃ『The Lake house』と呼ばれてるんだよね。

e0030810_193274.jpg『スウィート・ノベンバー』や『恋愛適齢期』などの恋愛ものを演じるキアヌが好きなので、このイルマーレもすごく観たかった映画の1つ。相手役もサンドラ・ブロックという渋い女優さんなので言うことなし!23日の公開以来、興行成績1位になってるイルマーレを、‘とくダネ!’でおすぎが「あんなつまらない映画が1位だなんて...今の時代、メールじゃなくて手紙なのよ!それに、2年の月日なんて待てばいいじゃないのよーっ!」と言いたい放題だったから...
「もしかして...おすぎの言うとおりなのかな?」と観る前に不安になっちゃった。

だけど!
e0030810_144137.jpg泣けた!泣けた!めっちゃ泣いたよ。(笑)
あの湖の家も神秘的だし、2年という距離がなんともせつない!それに...メールじゃなく、手紙という部分にすごく親しみを持てたね。私も彼によく手紙を書くから、自分とオーバーラップしてる部分があったからだと思うけど...それにしてもすごーーーーくせつない映画でした。

アレック(キアヌ・リーブス)とケイト(サンドラ・ブロック)が2年という距離があり、会うことはできない。だけど、湖に浮かぶ1件の家が2人を結び、手紙でやり取りをし始め、惹かれあっていく。決して会うことはできないけど、‘イルマーレ’というレストランで待ち合わせの約束をする...という内容。観終わった時に感じたのは...‘待つこと’
もし相手がキアヌなら、2年だろうが5年だろうが待つよ、私は。(爆)注文した料理が来ないのは待てないけど(笑)...好きな人との距離や月日がそれで縮むのなら、待てます!いつまでも。
それと、エンドロールで流れる『This Never Happened Before』っていう歌が印象的だったね。「愛し合っている2人は一緒にいなければならない」っていう歌詞が...ぐーーーっときたね。

この映画を観たAYAさんに「この映画を観たら、またアメリカに行きたくなっちゃうかもしれませんよ♪」と言われたんだけど...はい、おもいっきり行きたくなりました。
アメリカに行きたいんじゃなく、彼に会いに...ね。(笑)
すごくステキな映画です!
こんな恋愛もあるんだーと思うのと同時に、好きな人に会いたくなる映画だと思いました。

邦題が何で『イルマーレ』なのか...。
そこだけが納得いかない!
イルマーレはレストランの名前なんだけど、そのレストラン、ちょろっとしか出てこないの!湖にある家で始まり、その家で終わるんだもん、『イルマーレ』はないでしょ?って感じ。(笑)
『The Lakehouse』の方が全然いいし、しっくりくるよ。

でも...キアヌは歳を取ったねー。(笑)もちろん、サンドラも。だけど、若い2人じゃこの役には向かないし、適役だと思ったよ。普通にKissしちゃう程仲のいい2人だし、観てても安心だったし。
それにしても...久々に泣いた映画だったなー。


そして、今日。
レッスン後に泣いてしまいました...。(泣)
理由?彼に会いたくなって♪(爆)←冗談です! あまりにも素晴らしいクラスだったので、感極まってしまって...。
私も歳を取ったのかな?なかり涙もろくなってます。
[PR]

by goodtime35 | 2006-09-30 23:57 | Music&Movie

今日はお休みだったので、映画を観に行ってきました。
先日機内でたくさん映画を観たのに、まだ観たい!次に転職する時は、映画評論家にでもなろうかな?(笑)
本当は、キアヌリーブス主演の『イルマーレ』を観たかったんだけど、その前に以前から観たかった『マッチポイント』を今日は観ることにしました。理由は、イルマーレはどこの映画館でもやってるけど、マッチポイントは1部の映画館でしかやってないことを知り、急いで観ないとすぐに終わってしまいそうな予感がしたからだ。

e0030810_228195.jpg元プロテニスプレイヤーのクリスが大金持ちのトムと知り合い、その妹と結婚をする。だけど、トムの婚約者ノラに魅了され、関係を持ってしまう。会社の地位や富を得て、夢にまで見た生活を手にしながらも、愛欲に溺れてしまったクリスに‘運’は見方するのか...?というストーリー。ラブサスペンスなのに、終盤までサスペンス的な部分が無かったので「ただの三角関係で終わり?」と思ってたけど...最後はとんでもない結末になる。ラストは予想外の展開で...‘運’ってなんだろ?って思ったね。

e0030810_2284347.jpg主役のクリス役はジョナサン・リース・メイヤーズで、映画『クローサー』のジュード・ロウに似てるな~と思った。そのクリスを挑発するノラ役には世界一セクシーな女性No.1になったスカーレット・ヨハンソン。彼女のセクシーさは、女性の私でも引き込まれてしまいそうなくらい魅力的だったね。あの唇といい、雰囲気といい。
世界一セクシーな女性なだけに、この役はめっちゃはまり役だよ。(笑)

金曜日には、大好きなキアヌ・リーブス主演の『イルマーレ』を観に行こうと思ってま~す♪


大変遅くなりましたが、やっとアメリカ滞在中のブログを更新しました。
興味のある方は...9/15~19に遡ってご覧下さい。
かなり長いので、休憩・水分補給は忘れずに!(笑)
[PR]

by goodtime35 | 2006-09-27 22:11 | Music&Movie

連休2日目は...ブログのアップと映画鑑賞に終わりました。
イベントの事をもっと早く書きたかったんだけど、書きたいこといっぱいでなかなかまとまらず。そしていい写真がいっぱいありすぎて、どれを載せようか迷いに迷ってました。ホント、いい写真ばかりなんですよー。メンバーさんの表情もすごく素敵だし、なんていったって海と空がキレイ過ぎ!あの日の海と空の青さは、アメリカ西海岸と変わらないじゃんって思ったね。

e0030810_161165.jpg映画は、ジェイミー・フォックス&コリン・ファレル主演の『マイアミ・バイス』を観て来ました♪
80年代にTVドラマでやってたんだよね。私はバスケットに夢中だった頃なので、ドラマがヒットしたっていうのは知らないんだけど、めっちゃ面白かったよ!
コリン・ファレルとジェーミー・フォックスだったら、断然ジェーミーがタイプ♪だけど、この映画を観てたらコリン・ファレルの役(ソニー)がすごく気になるタイプで...映画を観終わった時には「コリン・ファレルもいいかも♪」って思っちゃった。(笑)そのマイアミ警察の潜入捜査官ソニーが犯罪組織の美女イザベラ(コン・リー)に惹かれて行く様がなんとも言えない程、セクシーでワイルド。こんなアプローチされたら敵でも味方でも落ちちゃうでしょ?って思ったね。

最後の方で、潜入捜査班VS麻薬密輸組織との撃ち合いのシーンがあるんだけど、すごくハード。思わず目を瞑ってしまうこと多々あって、おまけにどっちが敵か味方かわからなくなるくらい激しい撃ち合い。あまり撃ち合う映画を見慣れてないせいもあって、ちょっと観るのに疲れたね。ソニーとリカルド(ジェイミー・フォックス)が主役だけど、脇役の人もなかなか良かったと思うよ。イザベラ役のコン・リーも謎めいた感じがすごく出てたし、潜入捜査班の女性もカッコよかったしね。
だけど、この映画を観て、「マイアミってこんな街なんだ...」と純粋に思ってしまった。(笑)ホントはこんな頻繁に密輸とか撃ち合いとかしてないでしょ??

予告で観た映画の中で『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』って映画にすごく興味を持ちました。これ、アメリカと日本、双方の視点から描いた‘硫黄島’の2部作映画なんだそう。監督はクリンスト・イーストウッドで製作がスティーブン・スピルバーグ。この組み合わせって、アカデミー賞間違いなしでしょ!(笑)

戦争映画って、どちらか一方から見た観点で製作されるけど、この映画はアメリカから見た硫黄島と日本から見た硫黄島が描かれてるらしいから、いろんな気持ちにさせてくれるんじゃないかって期待があるな。ただ、気になるのはアメリカ側の『父親たちの星条旗』が10月28日で、日本側の『硫黄島からの手紙』が12月9日で、上映が1ヶ月以上開いてること。同時上映だったらいいのに...。


今日もまだ筋肉痛が取れてない!(泣)この筋肉痛、結構不愉快!自分でレッスンした時の筋肉痛と違うような気がするんだけど...いつもならない所が筋肉痛だからだよね、きっと。明日はこの体を癒しに行こうかと思ってます。
美容院に行って、岩盤浴に行って...明日は天気悪いみたいけど、忙しくなりそうだ♪
[PR]

by goodtime35 | 2006-09-06 01:19 | Music&Movie