昨日は、対京都サンガFCとの試合に行ってきました。

前半は、王者アントラーズと思えぬような戦いぶり。
大迫のスタメンが定着してるようで、していない。

「大迫!若いんだから、ボール待ってないで迎えに行けよっ!!」
「大迫!そんなことで倒されてるなよーーーっ!」

私は大迫に厳しいです。(笑)

審判の納得いかないジャッジが続き

「水色ぉ!どこ見てるんだよぉ!」と怒鳴る。
水色とは、審判のユニホームのカラー。
水色と言っても、審判は3人いるから、主審は「メインの水色」と呼びました。(笑)


後半、本山と興梠が交代。
え?本山ぁ?大迫じゃないの?
そう思ってた矢先、京都に先制点を入れられる...。

すると、新井場と伊野波が交代し、竜太が大迫と交代すると、
チームの流れは一気に変わり怒涛の攻撃が始まった。
あまりにも惜しいプレーに、隣にいるパパを2回ほど殴ってしまいました。(笑)
パパ、ごめんねごめんね~!

そして。
竜太が同点ゴールを決め、その5分後に興梠が逆転ゴール!
負けるかと思った試合だったのに、気持ちのいい逆転勝利で
スタジアムはヒートアップ!

そのヒートアップした勢いで、
「見たか、大迫!これがFWなんだよぉ!!」
と叫んでしまいましたが、なんで私はこんなにも大迫に厳しいんでしょうか?
私にもわかりません。

いやぁ~、オリヴェイラさんの采配は見事だったね。
スーツもビシッと決まってて、かっこよかった!
個人的には、もっと濃い色のスーツが似合うと思うんだけどな。
でも、ステキです053.gif

その後は、パパの家で急遽祝勝会を開催。
そこで出た名言。

説得力ある話をする人は、すっと言葉が耳に入ってくる。
しかし、シンメトリー男の言葉は聞きたくなくても耳に入ってくる
ある意味、言葉の暴力だ。

そこでパパは言った。
「大丈夫、そこは心の耳栓しているから」


みんな大爆笑!

心の耳栓...実にいい言葉だ。(笑)
[PR]

by goodtime35 | 2009-04-05 23:25 | Soccer

<< ドキドキ    佐野の旅 >>