限られたテレビ番組しか見ない中で、日テレでやってる深イイ話はお気に入り。

兄さんは「紳介があんまり好きじゃないから...」と言って、この番組を見ないらしいけど、
いろんな人の深い言葉で共感出来ることもあるし、考えさせられることもあるので
私は毎週欠かさず見てます。

今週はいろんなアスリートにまつわる深イイ話でした。

その中でも、海洋冒険家の白石康次郎の深イイ話は
凄く共感できました。


海洋冒険家の白石康次郎。海洋冒険家にあるまじき白石の悩み。
それは「船酔い」。ヨットに乗ると始めの3日間は吐き続ける。

そんな船酔いの悩みを解消するために白石が考えた方法とは...

大量のオレンジジュースを飲む。

白石「オレンジジュースは吐いても美味しい。」オレンジジュースの味と胃散の酸味が似ているため、吐いた時に最も心地良い。
長い航海では嫌なことをいかに楽しめるかが大切なのだという。

白石「僕はヨットに向いていない。好きなことと向いていることは違うんです。」


好きなことと向いていることは違う...

この言葉、実は大好きな白畑センセからもよく言われていた言葉で、
私はこの言葉を忘れたことはありません。

私たちのやっている仕事って、好きだからっていうだけじゃ出来ない仕事なんですよね。
向いてなきゃダメなんですよ。

人と接すること
人前で話をすること
リーダーシップを発揮できること
バカになれること
自分の気持ちを表現できること

それが出来なきゃ、人に何かを教えたり、人を楽しませることなんて無理!
やれたとしても、いつかはボロが出る。

嫌なことでも自分なりに楽しむ方法を見つけるのが、仕事のひとつ。
この仕事は趣味の延長だ...と思っている人もいるかもしれないけど、
趣味でレッスンしちゃいけないでしょ!(笑)


この深イイ話、時には「えっ?」と思うようなくだらない話もあるけど
いい話を聞いて、幸せな気分になったり、それを人に伝えたくなるって
その言葉の奥深さを知れるよね。

白石康次郎の話は、自分の仕事を再認識させてくれるいい話でした。
またこんな共感できる話に出会いたいですね。



いよいよ明日、WBC開幕です。
2年前の決勝戦は、偶然にも現地サンディエゴで王さんの胴上げを見ることが出来ました。
今年は...原監督が宙を舞うことが出来るのかな?
イチローの不振が騒がれているけど、
私の中では、騒ぐほどの事じゃないって思ってるよ。

打てなくても、イチローという存在が日本には必要なんだからさっ。

Matthewに「WBCが始まるね!」と話したら
「え?ベースボール?どこでやるの?」って...
アメリカは全く盛り上がっていなのがよーくわかりました。(笑)

準決勝はサンディエゴ、決勝戦はロサンゼルスであるんですけど...。(汗)
[PR]

by goodtime35 | 2009-03-04 08:51 | Favorite

<< 復活!    送別会 >>