朝起きると、彼はまたジムに行くと言い出す。
DVDも返しに行かなきゃいけないから...と言うものの、真相は?(笑)
行きたい気持ちを抑えつつ、そのままリビングでリアと一緒にコーヒータイム。
アラスカの話や動物園の話などをしてるうちに、彼が帰宅。
「パンと卵とベーコンがあるから、朝ごはんを作って!」と言ったかと思うと、「外へ出て一緒に車を洗おう!」と言い出す。
わがままというか、勝手というか、強引というか、気分屋というか...。
私の意見は無視!
子供扱いされてるっぽい感じがするのは...気のせい?

リアにご飯をお願いして、一緒に車を洗ったんだけど...これまた典型的なアメリカ人を発揮してくれました!(笑)
水をかけ、大きなスポンジを使って車を洗う。
だけど、細かい部分は全然やらないの。
それで水をかけて、大きなタオルで拭く。
この拭くのもめっちゃ適当!
水気が取れればそれでいい、みたな。
で、拭き残しが気になる窓ガラス...これまた適当。
私が何度も拭くと「そんなにやらなくていいよ」って言うし。
見える部分だけがきれいになってればそれでいいのかい!
私には理解不能です。(笑)

リアがポーチドエッグを乗せたトースターを作ってくれました♪
これ、めっちゃ美味しかったね~。
トロトロ卵にベーコンをカリっと焼いたパンに乗っけて食べる...それとアイリッシュクリームの入ったコーヒー。
もう、最高です!
このままリアの子供になってもいいなぁ~なんて思ったくらい。(笑)
60歳になってアクティブで好奇心旺盛なリアだもん、絶対毎日楽しいと思うな。

食事が終わると、彼はバイクショップに行くと言くと言い出す。
え?私は?と思ったけど、リアが「一緒にビーチへ行こう♪」と言うので、彼とは別行動することにしました。
着替えを済ますと、「ビーチは日差しが強いから、気に入ったのを被るといいわ♪」とリアがテンガロンハットを持ってきた。
すごく軽いやつから、スウェードで出来ている本格的なものからいろいろある。
私は白い網のような素材でできてる軽いものを、リアはそれと同じブルーのをチョイス。
2人で被っているとまるで友達のようだ。
リアのお気に入りのダッヂバンに乗り込み、いざ出発。

「ビーチに行く前に、すごく安いお店があるから寄っていかない?」と言うので、まずはショッピングモールへ行くことに。
年中ビーチサンダルで過ごせる西海岸。
私もビーチサンダルが欲しくていろいろ捜しだけど、どれもイマイチ。
リアに「私もリアが履いてるようなサンダルが欲しいんだよねー」と言うと、リアは「OK!私に任せて!」ととあるシューズショップに連れて行ってくれた。
リアと同じようなサンダルがある...値段は$14。
だけど、別のお店に行くと同じものが$9で売ってる!
もちろん$9のをゲットし、それを履いてビーチを散歩することにしました♪

e0030810_23124871.jpgビーチは連休ともあって、賑わってる。ビキニ姿で海に入って遊んでいる人達もいれば、シーカヤックで沖に出ようとしている人もいた。
沖にはサーフィンやウィンドサーフィンを楽しんでる。
うーん、気持ちいいね~。
まさにこの海に会いに来たー!って感じ。
少し風は冷たいけど、日差しが気持ちいい!
心も体も開放できるし、まさに私にとってのオアシです♡
e0030810_2313999.jpg

リアが家から持ってきた食パンを海鳥に向かって投げる...すると一斉に海鳥が集まってパンを奪い合う。
この光景、遠くから見るとすごく楽しそうな感じもするけど、実際にやるとめっちゃ怖い!
私はギャーギャー騒ぎながら海鳥にパンを与えてました。(笑)
間近で見る海鳥の表情...すごくリアル。

e0030810_23133259.jpg1時間くらいかけてビーチを歩き、ヨットハーバーに到着!
私とリアは本当に買い物好き。
これは女性ならではだと思うんだけど...ボディクリームの匂いを嗅いでは「これ好きな匂い!」「これは臭すぎる」とか、Tシャツを見ながら「これって可愛いね」「これはデザインがいいんだけど、色がイマイチね」とショップに入ってあーだこーだ言いながら、ウィンドウショッピング楽しむ。
ウィンドウショッピングが終われば、ブレイクタイム。
コーヒーを飲みながら、日本とアメリカの話になる。
年齢さは実に20歳以上もあるし、まだ2回しか会っていないのに気楽に付き合える。
なんだか不思議だなぁ~と思った時間でした。

ビーチでの散歩が終わった後は、99セントショップでお買い物♪
日本の100円ショップと同じだけど、品揃えが違う!
普通に卵や牛乳、野菜などの食料品も売ってるの。
大きなキャンドル、いい匂いのするハンドソープ、大好きなキットカット、毎朝飲んでるアイリッシュクリームなど...ここで私は$20くらい買い物をしましたね。
リアも同じくらい買ってたね。
ホント、女性って買い物好きですね。(笑)

家に戻り、彼と夕飯を食べに行った後、NBAオールスターをテレビで観戦。
彼のテレビは好きな場面で画像をSTILLできるので、ダンクの瞬間なんかを一時停止させるが...
正直、ウザイ!(笑)
「やめてよ!」と言っても何度もやる彼は、まるで子供のようだった。
精神年齢...いくつなんだろうか?(笑)
[PR]

by goodtime35 | 2007-02-18 23:22 | California

<< Oceanside 最終日    Oceanside 3日目 >>